医院案内
Clinic

院長あいさつ

院長写真

院長 大谷おおたに 亮介りょうすけ

皆さん、こんにちは。
院長の大谷 亮介と申します。

歯は、ほかの何にも変えることができない大切な器官です。
そのため、当院では単に痛みを取り除く治療だけでなく、むし歯にならないようしっかり予防・クリーニングを行うことに力を入れています。
また、お一人お一人のお話を丁寧に伺い、分かりやすい説明を心がけ、一緒に治療計画を立ててまいります。

お越しいただいた方々から「歯の状態がよくなった」、「もっと早く来ればよかった!」とお言葉をいただけることは、私にとっても大きな喜びであり歯科医師としてのやりがいを感じられる嬉しい瞬間です。
皆さんが笑顔で健康な毎日をお過ごしいただけるよう、これからもまごころを込めた診療を行ってまいります。
お口のことで、困っていることや気になることがございましたら、どうぞお気軽にご来院ください。
スタッフ一同心よりお待ちしています。

経歴
  • 東北大学歯学部 卒業
スタッフ
●当院は歯科外来診療環境施設基準の医院です
外来環(歯科外来診療環境体制)は、厚生労働省が指定した安全な医療機関の基準のことで、現在は全国の約1割程度の歯科医院だけがクリアしています。
取得するためには、「院内感染を防ぐために、器具の滅菌などの衛生管理を徹底している」「緊急時に応急処置ができる装置を備えている」などの厳しい基準があります。
当院はそのすべてをクリアしております。どうぞ安心してお越しください。

診療案内

むし歯治療

一般歯科では、むし歯や歯周病の治療を行います。当院の方針は、歯をなるべく抜かずに治療するということです。患者さんの本来の歯を活かし快適な生活を送っていただけるよう、さまざまな知識、技術、方法をもって治療にあたります。

根の治療

根の治療では、むし歯菌に感染した根っこを取り除き、管の中を殺菌・消毒し、薬剤を詰めて密閉することで無菌状態にします。
昔は抜歯以外に選択肢がありませんでしたが、根の治療によって、歯を残すことができる可能性が広がっています。

歯ぐきの治療

歯周病はむし歯と異なり、進行しても自覚症状がほとんどありません。歯周病を早く見つけるためには、 定期的に歯科医院で診てもらうことが大切です。ご自宅で行う歯磨きと、歯科での治療をしっかり行い、歯周病から歯を守りましょう。

こどもの治療(小児)

当院では、決して無理にお子さんを治療することはございません。治療に入る前に、まずは歯科医院に慣れていただきます。スタッフがお子さんと積極的にコミュニケーションを取ることで打ち解け、自ら口を開いてくれるようになるまで、時間をかけてゆっくりと対応させていただきます。

予防・クリーニング

むし歯や歯周病を治しても、再発してまた痛い思いをするのは誰でも避けたいものです。治療が完了した後もメンテナンスをしっかりと行い、むし歯にならないように努めましょう。
ご自宅での歯磨きはもちろん、むし歯がなくても定期的に歯科医院に通い、プロによるクリーニングを受けることをおすすめしています。

補綴治療

補綴治療は、むし歯を治療して削った部分に、詰め物や被せ物を入れる治療です。かみ合わせや、お口全体の調和、耐久性なども考慮して、患者さんに適した治療法を提案いたします。銀歯が気になる方、歯が欠けてしまった方、丈夫できれいな詰め物を入れたい方は、ぜひご検討ください。

外科治療

当院では、歯を抜いたり、腫れて膿を出したり、根の先を切ったり、外れた顎を整復したり、歯周外科処置(剥離して見えなかった歯石を取る)などいわゆる外傷や感染症等も含む外科的処置を行うことができます。

急なお困りごとの治療(口腔外科)

歯科医院では、むし歯や歯周病の治療だけでなく、お口の中のさまざまな疾患に対応しています。「歯は痛くないけれど、口の中に違和感がある」「親知らずが気になる」という方は、ご相談ください。

ホワイトニング

加齢、遺伝、食べ物、タバコなどにより歯は次第に黄ばんでいきます。この歯の黄ばみを削ることなく、歯にホワイトニングジェルを塗って白くしていくのが、ホワイトニング治療です。当院では、院内で行うオフィスホワイトニングと、ご家庭で行うホームホワイトニングをお選びいただけます。

顎関節症

顎の関節が鳴る・口が開かないといった顎関節症は、生活習慣やストレス、外傷などが要因といわれています。顎の不調は、重症化すると顎の関節の形が変形し、外科手術が必要になる場合もあります。
おかしいなと思った時は自己判断せず、歯科医院を受診の上、適切な治療を行いましょう。

知覚過敏

むし歯が見当たらないのに歯や歯ぐきに痛み、しみるといった感覚がある場合は、知覚過敏かもしれません。
知覚過敏の原因は様々あり、歯周病などの口腔内の疾患だけでなく、食生活など生活習慣から引き起こされることもあります。
患者さんごとにしっかり原因を見極め、適切な治療法をご提案いたします。

かみ合わせ

ものがかみにくい、頬を間違えてよくかむといったことはありませんか?もしかしたらかみ合わせが影響しているかもしれません。かみ合わせは頭痛や肩こり、不眠などの全身症状を引き起こすことがあり、近年ではかみ合わせが悪いと認知症のリスクが高まるといった研究結果もあります。
お口周り、全身で慢性的な不調が出ている場合は、かみ合わせを見直してみましょう。

▲ページトップ